「緊急事態は全国で延長を」 専門家会議の意見

政治・外交 暮らし 医療・健康

政府の専門家会議では、これまでの打ち合わせの中で、緊急事態宣言を「延長すべき」という意見が大半を占めていたことがわかった。

専門家会議は5月1日午前中に会合を開いて、現在の感染者数の分析とともに、人との接触が削減されているか、今後、必要とされる医療体制などについて見解を示す方針。

関係者によると、専門家会議では、これまでの事前の打ち合わせの中で、緊急事態宣言について、「引き続き、全国を対象にして延長すべき」との意見が大半を占めているという。

そのうえで政府は、おおむね1カ月程度の延長を視野に検討を進めている。

(FNNプライムオンライン4月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

政府・内閣 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 健康・医療 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス