本田圭佑“音声提供サービス” 子どもたちへメッセージ

スポーツ

サッカーの本田圭佑選手(33)が社長を務める会社が共同で始めた、定額制の音声提供サービス。

本田選手「これは思ってたよりも良いサービスになるなっていうのは、自分で言うのも何なんですけど、自分がほしかったサービスを作ったみたいなところもあるので」

第1弾では、メジャーリーガーのダルビッシュ有投手や、競泳の池江璃花子選手、テニスの錦織圭選手、ラグビーのリーチ・マイケル選手ら16人のアスリートが、コロナの状況下にある子どもたちへ向けメッセージを送った。

本田選手「ツイッターと似ていて、ただそれの音声バージョン。深かったですよね。やっぱり、声のトーンとか、感情がすごく刺さって、学びもあるような質の高いコンテンツを用意した。プラットホームになれればいいなと思っています」

料金は月額990円(税込み)、5月いっぱいは、チャリティー期間として無料でサービスを提供するという。

本田選手「とにかく元気になる、勇気をもらえると、そんなふうな場所にできれば、移動の時、作業中に音楽を聴くのと同じように、ぜひ、聞いてもらえたらうれしい」

(FNNプライムオンライン4月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

サッカー FNNニュース アスリート COVID-19 新型コロナウイルス