テレワーク実施26.8% 目標7割のはずが...

社会 仕事・労働

新型コロナウイルスの感染拡大対策として、政府が呼びかけているテレワークの実施率は26.8%で、政府が掲げた「7割目標」を大きく下回ることがわかった。

厚生労働省とLINEが、事務などオフィスワーク中心の業務にあたる人を対象に、テレワークの実施率を全国調査した。

その結果、テレワークの実施率は全国平均で26.8%で、最も進んでいる東京都でも51.8%で、福岡県は20%、5%未満の県も9県あった。

政府は、オフィス出勤者の最低7割削減を目標に掲げており、今回の結果は、政府の目標を大きく下回る結果となった。

(FNNプライムオンライン5月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

労働・雇用 FNNニュース テレワーク COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 外出自粛