“防止策前提”に図書館など開放へ 13都道府県でも...

政治・外交 暮らし

西村経済再生担当相は3日朝、フジテレビの「日曜報道 THE PRIME」に出演し、新しい対処方針では、東京、大阪など、特定警戒都道府県でも感染防止策を前提に、図書館や公園などを開放する方針を明らかにした。

西村経済再生相「例えば、博物館や図書館など、こういったところは人数制限して、きちっと人と人との距離をとれば可能になると思う。公園や野外の活動も、もう少し人と人との距離をとり、大声を出さなければ。一定のことは示していきたいと思う」

西村経済再生相は、4日に改定する「基本的対処方針」で、特定警戒都道府県以外では、活動制限を緩和するとしたうえで、「飲食店などでも、きちんと席を空けるなどの工夫をすればやっていける」など、「新しい生活様式」を示す方針を明らかにした。

また、特定警戒都道府県でも、感染防止策を取ったうえで、図書館や公園などの使用を可能にするとした。

一方、休業手当の一部を国が事業主に助成する雇用調整助成金については、安倍首相からの指示で、上限の引き上げを検討していると述べた。

その場合は、「さかのぼって措置を取る」と強調した。

(FNNプライムオンライン5月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 外出自粛