5連休2日目 各地の様子は 北日本を中心に真夏日

社会 暮らし

5連休2日目の3日も、北日本を中心に真夏日となる地点が相次ぎ、季節外れの暑さとなった。

外出自粛要請が続く、各地の様子をまとめた。

このゴールデンウイークで、桜が見頃を迎えた岩手・雫石町。

川に沿って、およそ150本の桜が植えられている。

関東から北では、3日も季節外れの暑さが続き、各地で最高気温が30度を超え、真夏日となった。

市内で最高気温32.6度を観測した、岩手・宮古市。

営業を自粛している道の駅には、トイレ休憩などで県内からの観光客が訪れていた。

訪れた人は「県外には行けないので、県内で遊ぶように」、「北上に帰るところ。天気も、きょうあたりまでが一番いいというので、仲間と一緒にツーリングに」などと話した。

岩手県では、まだ新型コロナウイルスの感染者は確認されていない。

一方、2日に続き、2日連続の真夏日となった福島市。

町では、日傘を差したり、ドリンクを手に歩く人の姿が。

3日は、福島・二本松市で最高気温32.8度、石川町で32.7度を観測。

北海道でも、釧路市などで、2020年初めてとなる真夏日となった。

東京都心の最高気温は25.8度で、3日連続の夏日に。

上野公園には、散歩をしたり、ベンチでお弁当を食べる親子の姿が。

園内には、「園内の通行、散歩、ジョギングをしている皆さまは、マスク着用のうえ、1時間以内に退園いただきますようお願いいたします」というアナウンスが流れていた。

東京・秋葉原では、多くの店がシャッターを下ろしていた。

毎週日曜日に実施している歩行者天国は、中止になった。

成田空港の国際線ロビー。
ゴールデンウイーク真っただ中だが、限られた便の運航しかないため、空港利用者の姿もほとんどなかった。

電光掲示板に並んだ「欠航」の文字。

それでも、搭乗手続きに向かう人の中には、雨がっぱや防護服で全身を覆う人たちが目立った。

空港近くの民間駐車場も...。

ABCパーキング・五木田忍さん「90%キャンセルです。(例年の)1割あるかないかです」

季節外れの暑さは、3日まで。

4日は、全国的に暑さが落ち着く見込みで、各地で雨が予想されている。

(FNNプライムオンライン5月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

気象 FNNニュース ゴールデンウイーク