「診療の半分を感染者対応に」 東京「佼成病院」が訴え

社会 医療・健康

2月に4人の院内感染が起きた東京・杉並区の病院が、病院での診療の半分を新型コロナウイルス感染患者の対応に充てるべきと訴えた。

杉並区の佼成病院では2月、頭部を負傷し入院した患者が感染し、同じ病室の入院患者や看護師などあわせて4人が感染した。

病院は、2つの原因を指摘している。

佼成病院・二階堂副院長「抱きかかえるような行為があったのが1点、もう1つは院内でし瓶を使って排尿していたので、介しての感染があったのではないかと」

病院は、外来診療や新規入院、緊急手術以外は停止した。

病院ではこれ以降、新たな感染は起きておらず、現在は発熱外来を開いて、積極的に感染者の受け入れを行っている。

二階堂副院長「既存の施設を使って屋内で診察、レントゲン、CT(コンピューター断層撮影)、PCR用の検体採取が一連の流れでできる」

都内では感染が続く現状、診療行為の半分を感染患者に対応しないと乗り切れないと訴えている。

二階堂副院長「必ず長期戦になります。つまりマラソンです。100メートル走の力で走ることはできません。走り方を変えないといけないんです」

(FNNプライムオンライン5月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス