PCR検査なしで仕事復帰可能へ

社会 暮らし 医療・健康

厚生労働省は、新型コロナウイルスに感染し、ホテルや自宅で療養する軽症者などについて、「療養開始から2週間の経過」を条件に、この間に異常がなければ、PCR検査をしなくても仕事に復帰できる新しい基準をまとめた。

これまでは、入院者の退院基準と同じく、症状が改善してから2回連続して、検査で陰性が確認されないと復帰できなかった。

検査を義務づけると、重症者に対する医療提供に支障が生じるためで、復帰する前には、保健所や医師が健康状態を確認するので、職場への証明書の提出は必要ないという。

(FNNプライムオンライン5月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

(社会)保健衛生医療・社会保障行政 健康・医療 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス