休業要請の対象を発表へ 東京都

社会 暮らし

東京都は、緊急事態宣言以降に出していた休業要請などについて、5月31日まで基本的に継続する方向で最終調整していて、5日に対応を発表する予定。

小池都知事「この1カ月間というのは、経済にとっても、とても重要な1カ月間。息づかいをよく察知しながら、進めていきたいと思います」

東京都は、緊急事態宣言が出されてから、遊興施設や飲食店などに休業や営業時間の短縮を要請してきたが、関係者によると、宣言が5月31日まで延長されたことを受けて、基本的に要請を継続する方針で、対象の施設を変更するかなどを調整している。

また、都立高校などの休校については、5月末まで延長するよう、最終調整を進めている。

感染防止策の徹底を前提に、全国的に利用可能となる公園では、5日も多くの人の姿が見られた。

街では「学校はやっていないけど、友達と遊びたい」、「遊具もしまってます。(公園再開は)うれしいけれど、もしかしたら行かないかも」などの声が聞かれた。

小池知事は5日夕方、記者会見を開き、今後の対応を説明する予定。

(FNNプライムオンライン5月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

(社会)保健衛生医療・社会保障行政 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 経済 影響・対策 新型コロナ 外出自粛