犬、猫を救え! ネットで家族探し 対面式が中止に

暮らし

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、あるところにも影響が出ている。

飼い主を失うなどして保護された、犬や猫の新しい家族探しが難しくなる中、動物の命を守るための新たな取り組みを取材した。

4月23日、インターネットのテレビ電話で行われていたのは、飼い主を失うなどして保護された犬や猫と、引き取り手の希望者をつなぐ「お見合い」。

神奈川県の保護団体「おーあみ避難所」では、犬と猫あわせておよそ100匹を保護していて、新しい飼い主を探す「譲渡会」を毎月開催してきたが、2月以降、すべて中止になった。

おーあみ避難所 代表・大網直子さん「『里親さん』が決まりにくくなると、保護したい子もいるのに、できなくなる」

近年、保護や殺処分となった数は減少傾向だったが、譲渡会が開催できないと、救えない命が増えるおそれもあり、ネットによる飼い主探しを始めたという。

そして3日、「お見合い」が成立した子猫が、新たな飼い主のもとに到着した。

新しい飼い主・榎下さん「あーかわいいー! 今がチャンスだと思って応募した」

大網さん「コロナでも生まれてくる子猫とか子犬とかはまだまだいて、『里親さん』のところに決まれば、新たな子を救うことができる」

従来とは違う方法で救われた子猫。
緊急事態宣言による飼い主の外出自粛が続く中で、新しい生活が始まった。

(FNNプライムオンライン5月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

動物 ペット FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス