西村経済再生相が吉村府知事に不快感 「出口指標」をめぐり

政治・外交

西村経済再生相は、新型コロナウイルスの緊急事態宣言にともなう休業要請などの解除に向け、国に出口の指標を示してほしかったと発言した大阪府の吉村知事に対し、不快感を示した。

西村経済再生相「何か勘違いをされているのではないかと思う。強い違和感を感じている。ご自身で休業要請をされて、ご自身で解除されるわけだから、当然ご自身でその説明責任を果たすのは当然であるので」

西村経済再生相は、休業要請などの解除に向けた独自の基準「大阪モデル」を公表した吉村知事が、「本来なら国に示してほしかった」と批判したことに対して、都道府県が休業を要請しているので、知事が「説明責任を果たすのは、当然だ」と指摘した。

さらに、「知事の権限や裁量を増やしてほしいと主張しながら、解除要件の基準を国が示してくれないから、というのは大きな矛盾だ」と述べた。

(FNNプライムオンライン5月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

政府・内閣 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言