GW 空の便利用者 95%以上減

社会 経済・ビジネス

ゴールデンウイーク期間中の空の便の利用者は、2019年から95%以上減った。

4月29日から5月6日までのゴールデンウイーク期間中、全日空の国内線の利用者数は、2019年の3.5%の4万5,228人、国際線は2019年の2.7%の6,591人だった。

また、日本航空の国内線の利用者は、2019年の4.9%の4万7,646人、国際線の利用者は2019年の0.9%で2,030人だった。

(FNNプライムオンライン5月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

運輸・交通 日本航空 FNNニュース ANA ゴールデンウイーク 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 経済 影響・対策 新型コロナ 外出自粛 新型コロナ 暮らし 影響・対策