持続化給付金 支給始まる 初日は2万3000件振り込み

政治・外交 経済・ビジネス

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた中小企業など向けの給付金の支給が、8日から始まった。

「持続化給付金」は、月の売り上げが、2019年と比べて半分以上減った中小企業などに最大200万円、フリーランスを含む個人事業主には、最大100万円が支給される。

支給が始まった8日は、およそ2万3,000件、280億円の振り込みが行われたという。

一方で、給付金の額を決める際に、10万円未満を切り捨てて算出する方法について、SNSやコールセンターに批判が相次いだため、梶山経済産業相は、1円単位で全額を振り込む方法に変更するとした。

(FNNプライムオンライン5月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 中小企業 フリーランス COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策