PCR検査“相談の目安”見直し 「37.5度 4日以上」は削除

社会 暮らし 医療・健康

新型コロナウイルスの相談や受診の目安を厚生労働省が改訂し、「37.5度以上の発熱が4日以上」という文言をなくし、息苦しさ、強いだるさ、高熱などの強い症状がある場合はすぐに相談するよう求めた。

これまでの相談の目安は、「37.5度以上の発熱が4日以上」とされ、PCR検査が受けられないといった批判が相次いでいた。

厚労省は、相談や受診の目安を改訂し、息苦しさ、強いだるさ、高熱などの強い症状のいずれかがある場合と、高齢者や基礎疾患があるなど重症化しやすい人で比較的軽い風邪の症状がある場合は、すぐに相談するよう求めている。

また、発熱やせきなど、比較的軽い風邪の症状が続く場合も相談の目安として、記載されていない味覚や嗅覚の異常については軽い症状に該当するとしたうえで、症状が4日以上続く場合は必ず相談するようにとしている。

また、高熱については、本人の平熱をふまえて判断してほしいとして、具体的な体温は示さなかった。

(FNNプライムオンライン5月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

(社会)保健衛生医療・社会保障行政 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス PCR検査