5月12日は「看護の日」 医療関係者に感謝の拍手

社会 暮らし 医療・健康

「あの人」の誕生日にちなんで、感謝の拍手が送られた。

5月12日は「看護の日」。

ナイチンゲールの誕生日にちなんで制定されたが、2020年で生誕200年の記念すべき年になる。

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、長野市役所では、職員らが医療関係者などに向けて1分間にわたり拍手を送った。

このあと日没後には、市役所の一部をブルーにライトアップし、職員がペンライトを振って感謝の意を表すという。

(FNNプライムオンライン5月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 長野 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス