【独自】国民に求める“新”対処方針 緊急事態宣言 解除のあとは

政治・外交 暮らし 医療・健康

14日の緊急事態宣言の一部解除にともなって改定される、政府の「基本的対処方針」の原案がFNNの取材で判明した。

それによると、宣言が解除される地域も持続的な対策が必要になるとして、「人と人との距離の確保」や「マスクの着用」など、専門家会議が示した「新しい生活様式」を定着させるよう求めている。

さらに、不要不急の帰省や旅行など、緊急事態宣言が継続される地域への移動を避けるように促し、これまでにクラスターが発生した場所や、「3つの密」のある場所への外出を避けるように呼びかけることを求めている。

宣言の解除の基準については、直近1週間の10万人あたりの新規感染者数を盛り込んでいて、政府はこの原案にさらに修正を加え、14日に改定を行う。

(FNNプライムオンライン5月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

政府・内閣 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 健康・医療 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 外出自粛 新型コロナ 暮らし 影響・対策