夜8時以降も営業 飲食店 決断迫られ

社会 暮らし

東京都内では、夜間の営業自粛要請で経営が立ちゆかなくなり、閉店を決めた飲食店も出ている。

東京都は感染拡大を防止するため、飲食店に午後8時以降の営業自粛を要請しているが、都内では12日夜も営業を続ける店が多く見られた。

中野区にある飲食店は、自粛要請に応じてきたが、売り上げが大きく減少したという。

店のオーナー「リーマン・ショックとかも乗り越えてきたのに、それよりも最悪です」

6月末で閉店することを決め、最後に常連客のために営業を再開した。

店のオーナー「もうやるしかない。もう逆に閉店なので、名残惜しい」

休業や営業時間の短縮の要請に応じた場合、協力金が支払われるが、賃料などの費用や人件費をまかなえないほか、申請の仕方もわかりづらく困っているという。

店のオーナー「(申請方法が)わかったら、もらってるよねマスター。誰か教えてくれないとできないと思います」

都は引き続き、「感染拡大防止のため、要請の内容に沿って、適切に対応してほしい」としている。

(FNNプライムオンライン5月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 飲食店 COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 経済 影響・対策 新型コロナ 外出自粛 新型コロナ 暮らし 影響・対策