新型コロナウイルス 全国で52人の感染確認 東京は10人

社会 暮らし 医療・健康

全国で新たに52人の新型コロナウイルスの感染が確認され、18人が死亡した。

東京都の新たな感染者は10人で、1日あたりの感染者数は4月7日の緊急事態宣言以降、最も少ない人数となった。

小池都知事「大型連休というめったにない機会を活用してステイホーム週間を行ったが、これからこの数字がすべて終わったのではなく、ここからだということを、あらためて申し上げたい」

東京都で13日、新たに感染が確認された10人のうち、濃厚接触での感染は6人で、感染経路不明は4人だった。

5月に入ってから減少傾向で、11日連続で2桁が続いていて、これまでに確認された感染者は4,997人となった。

現在入院中の感染者は1,320人で、52人が重症だという。

また13日、感染者の7人の死亡が確認され、これまでの死者が203人となった。

また、大阪府で新たに確認された感染者は12人で、14日の結果次第では、一部の休業要請が16日の午前0時に解除される。

一方、北海道では新たに4人の感染が確認され、2人が死亡した。

北海道の感染者は札幌圏で9割以上を占めていることから、鈴木知事は札幌市を含む石狩地方を除き、休業要請を一部解除する方針を示した。

(FNNプライムオンライン5月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス