余ったビールを消毒液に 広がる支援 各社が対応

経済・ビジネス 医療・健康

逆転の発想から生まれた、企業の社会貢献に迫った。

14日、茨城県庁で寄贈されたのは、不足が続いている消毒用のアルコール液。

その原材料は、ビール。

ビールから消毒液を製造しているのは、茨城県の酒造会社。
生ビールを2回蒸留し、アルコール度数を70%まで高め、手や指の消毒にも使えるようにした。

発酵したお酒のような香りがするという消毒液だが、原材料にビールを使用した理由とは...。

木内酒造・荻谷真千子さん「消毒用エタノールが大変不足している中、ブルワリーとして何かできないかということで、出荷の見込みが立たなくなってしまった生ビールを使って、消毒用エタノールができないか相談したのがきっかけ」

飲食店の営業自粛で出荷の見込みが立たず、余ってしまった生ビールを消毒液に。

この要請を受け、アサヒビールとキリンビールが、あわせて2万4,000リットルの生ビールを提供。
3社で費用を負担し、1,260リットルの消毒液を作った。

木内酒造・荻谷さん「どの市町村でも(消毒液が)まだまだ不足しているという声は聞いている。アルコールやマスクを、まだまだこれから必要とされる方は多いと思うので、その方たちに届けられたらと」

この消毒液は茨城県のほか、協力3社の工場などがある4つの市に無償で提供される予定。

不足する消毒用アルコール液をめぐっては、4月、サントリーがグループ工場内で製造した消毒用アルコールを医療機関向けに提供するなど、飲料メーカーや酒造メーカーの対応が相次いでいる。

(FNNプライムオンライン5月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 茨城 FNNニュース ビール COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策