焦点は東京・大阪の解除 首相 今夜会見“出口”説明

政治・外交 暮らし 医療・健康

政府が今回、39県について、緊急事態宣言の解除を諮問するという判断に至った理由と今後の展開について、フジテレビ政治部・鹿嶋豪心記者がお伝えする。

政府高官は、今後は東京都の解除が最大の焦点になると語っていて、最短で来週21日の全面解除も視野に、感染者の推移を見極めていく方針。

今回、特定警戒都道府県以外の34県の解除を諮問した理由について、政府関係者は「連休中の人の移動を大きく制限する目的を終えた」と話している。

また、茨城や愛知など、5つの特定警戒の地域については、病床数の確保など、医療体制の維持が可能と判断したことが解除の最大の要因になった。

今後の焦点は、東京や大阪など、大都市を抱える地域をいつ解除できるのか。

政府高官は、「5月21日には、東京を含むすべての地域で宣言を解除できるかもしれない」との見通しを示している。

ただ、政府内には、連休明け以降の外出が増えたことで、感染者が増加するとの懸念があり、「5月31日の期限ギリギリまで見極める必要がある」との意見もある。

安倍首相は、14日夜に記者会見し、宣言の一部解除にともなう経済活動の再開など、出口を見据えた方針について説明することにしている。

(FNNプライムオンライン5月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

政府・内閣 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 健康・医療 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 外出自粛