【速報】緊急事態宣言「39県解除」 安倍首相が正式表明

政治・外交 暮らし 医療・健康

安倍首相は、緊急事態宣言の一部解除に合わせて記者会見し、39県の解除を正式に表明したほか、事態の終息に向けた国民の協力を求めた。

安倍首相「2週間前と1週間前を比べ、新規の感染が減少傾向にあること、直近1週間の合計で10万人あたり0.5人以下に抑えられていること、さらには感染経路がわからない感染者の発生状況など、総合的に判断することとした。こうすれば大丈夫という正解はない。長い道のりも覚悟する必要がある」

安倍首相は、39県の解除に至った理由などについて、このように説明した。

宣言が解除された地域について、安倍首相は「外出自粛はお願いしない」と述べたうえで、人との接触を減らす努力や県をまたいだ移動を5月中は控えること、ウイルスへの警戒を怠らないことなどを求めた。

今回、解除が見送られた8都道府県については、外出自粛などを引き続き求めたほか、来週21日に解除できるかどうかを検討する意向を示した。

また、第2次補正予算案の編成に着手する考えも示し、雇用調整助成金を1日1万5,000円まで特例的に引き上げる意向を表明した。

(FNNプライムオンライン5月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言