森法相 出席で与野党合意 検察官の定年延長

政治・外交

検察官の定年延長を可能にする法案をめぐり、15日に森法相が委員会に出席し、質疑を行うことで与野党が合意した。

検察庁法の改正案をめぐっては、13日の衆議院内閣委員会で、武田大臣の答弁が不十分だと野党側が反発し、途中で退席した。

これを受け、自民党の森山国対委員長と立憲民主党の安住国対委員長が会談し、15日の内閣委員会に森法相が出席し、質疑を行うことで合意した。

立憲民主・安住国対委員長「基準等の問題、定年延長の問題、国民これ大変疑念を持ってるわけですから、厳しく追及をしていきたいと思っています」

与党側は15日の委員会での採決を目指しているが、野党側は応じられないとして強く反発している。

(FNNプライムオンライン5月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

国会 法案 司法行政 FNNニュース