ロイヤルホストなど70店閉店へ コロナで収益悪化 天丼てんやも

経済・ビジネス

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、外食大手が一部店舗を閉店。

ロイヤルホールディングスは、2021年12月までに「ロイヤルホスト」や「天丼てんや」など、70店舗程度を閉店する。

運営する国内店舗のおよそ1割にあたり、今後、収益が見込めないと判断したためだとしている。

臨時休業や営業時間の短縮が続く中、4月の既存店の売上高は、前の年と比べ、ロイヤルホストがおよそ6割近く落ち込むなど、厳しい状況が続いている。

(FNNプライムオンライン5月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース レストラン 飲食店 COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策