大阪モデル達成に歓迎の声 自粛の店も再開へ

社会 暮らし

大阪府は独自の「大阪モデル」を達成して、一部の休業要請を解除することを決定し、店では再開の準備が進められている。

大阪府・吉村洋文知事「府民の皆さん、事業者の皆さんの協力があって、ここまで来ることができました」

大阪のシンボル・通天閣は、14日夜に緑色にライトアップされ、大阪府の自粛解除の独自基準「大阪モデル」を達成したことを知らせた。

また、道頓堀のたこ焼き店にも緑の旗が立てられた。

道頓堀くくる・上之薗友啓さん「元気にお店やってるよというのをしっかり見せて、少しずつ街にもお客さんが戻ってきていただいたらいいなと」

大阪府は、映画館や商業施設のほか、規模の小さいパチンコ店への休業要請の解除を決めていて、店では再開に向けて、間隔を空けて台に座ってもらうなどの対策を進めている。

大阪ホール天満店・中川修司マネージャー「お客様にはマスク着用と検温の実施。従業員においては、マスクの着用とフェイスガードを着用する」

休業要請の一部解除は、16日の午前0時から。

(FNNプライムオンライン5月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

大阪 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 関西 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 経済 影響・対策 新型コロナ 外出自粛 新型コロナ 暮らし 影響・対策