北九州市 2学期制に 2020年度に限り

社会 暮らし 教育

福岡・北九州市は、休校が続いている小中学校について、2020年度に限って2学期制とすることを決めた。

北九州市教育委員会によると、「例年通りの3学期制では、学校が再開されたあとの短い期間で学習評価をすることが難しい」として、2020年度に限り、10月中旬で学期を区切る2学期制を導入する。

また、夏休みの短縮も決め、週明けの18日からは、分散登校も始まる。

福岡市の舞鶴小学校では、朝から先生たちが緊急で集まり、今後についての会議が開かれている。

一方、福岡市では、21日からおよそ2カ月半ぶりに市立の学校を順次再開することが決まり、各学校は対応に追われている。

舞鶴小学校・野坂和幸校長「子どもたちが来ることについては、われわれもほっとしているというか、うれしく思っているので、それに向けて努力したい」

当初は学年別の分散登校となり、学校は保護者へ登校日を連絡するなど、準備を急いでいる。

(FNNプライムオンライン5月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

教育 福岡 FNNニュース 学校 北九州市 新型コロナウイルス 新型コロナ 暮らし 影響・対策