現金一律10万円給付 651市区町村でスタート

政治・外交 暮らし

現金一律10万円の給付が、3分の1以上の自治体でスタート。

申請の受付は、全国1,741市区町村のうち、15日までにオンライン・郵送あわせて、およそ96%にあたる1,675の自治体で始まった。

給付がスタートしたのは、全体の37%にあたる651市区町村となっている。

マイナンバーカードを利用してのオンライン申請では、世帯主が家族分を記入する際のミスが相次ぎ、自治体側の膨大な確認作業が生じている。

高市総務相は、これらをサポートするシステム改修を続けたいとする考えを示した。

(FNNプライムオンライン5月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

(経済)年金・医療・社会保障政策 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策