コロナ倒産150件 宿泊や飲食業など

経済・ビジネス

東京商工リサーチによると、新型コロナウイルスに関連した、倒産と法的手続きを準備している企業をあわせた経営破綻は、2020年2月から5月15日までで、全国で150件となった。

2月は2件だったが、3月は23件、4月は84件と急増し、5月はすでに41件発生している。

経営破綻は40都道府県で起きていて、業種別では、宿泊業が30件とトップで、次に飲食業が22件、アパレル関連が20件と続いている。

(FNNプライムオンライン5月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策