レナウン 民事再生の適用へ 新型コロナで販売減少

経済・ビジネス

アパレル大手のレナウンが民事再生手続きに入ることがわかった。

レナウンによると、子会社が債権者として、15日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請し、受理された。

負債総額は、138億7,900万円だという。

レナウンでは業績が低迷し、赤字が続く中、再建に取り組んでいたが、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛などの影響で、衣料品の販売が減少し、資金繰りに行き詰まったという。

レナウンは、再建に向けて速やかにスポンサーを探すとしている。

帝国データバンクによると、新型コロナウイルスによる上場企業の経営破綻は、初めてだという。

(FNNプライムオンライン5月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

経営一般 信用・倒産情報 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策