阿蘇山“火山活動”注意呼びかけ 火山性微動の振り幅大

社会

熊本県の阿蘇山で火山活動が高まっているとして、気象庁は今後の活動に注意するよう呼びかけている。

気象庁によると、阿蘇中岳の第一火口で、午前6時ごろから火山性微動の振り幅が次第に大きくなってきているという。

2020年1月に発生した噴火が継続しているとみられ、気象庁は、噴火警戒レベル2(火口周辺規制)を継続し、今後の火山活動の推移に注意するよう呼びかけている。

(FNNプライムオンライン5月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

地震・噴火 熊本 九州 火山 FNNニュース 阿蘇山