三重の施設 営業再開...家族連れも “解除”後 初の日曜日

社会 暮らし

緊急事態宣言が一部の県で解除されてから、初めての日曜日。

三重県のレジャー施設では営業が再開され、家族連れの姿が見られた。

緊急事態宣言の解除を受け、三重県の「ナガシマスパーランド」では、1カ月以上の臨時休園を経て、17日から屋外アトラクションなど、一部営業を再開した。

17日は午前9時半に開園し、訪れた家族連れなどがサーモグラフィーを使った体温チェックを受けて園内へ入っていった。

訪れた人は、「朝、ニュースでここがやるよっていうのを見て、行きたいなと思って来た」、「子どもがすごく楽しみにしていた。昨日の夜からやった! やった! と」などと話した。

一方、緊急事態宣言が継続されている東京都内の公園では、朝から家族連れやランニングをする人が訪れている。

5月に入り、東京都の感染者数は減少傾向が続いているが、「気の緩み」には注意が必要となる。

(FNNプライムオンライン5月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

三重 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 外出自粛 新型コロナ 暮らし 影響・対策