新型コロナ リモートで合併症防ぐリハビリ

社会 医療・健康

新型コロナウイルス患者の合併症を防ぐリハビリで、東京都内の大学病院は、スタッフの感染リスクを減らすため、リモートでのリハビリ治療を始めている。

新型コロナウイルス患者は、血栓症や脳梗塞を併発しやすいと指摘され、回復するとリハビリが必要。

東京医科歯科大学付属病院は、スタッフの感染リスクを減らすため、タブレットなどを使ったリモートでのリハビリを行っている。

東京医科歯科大学付属病院リハビリテーション部・岡安健技師長「スクワットや、つま先立ち、ラウンチ、そのような筋力トレーニングと、有酸素の運動、その場で足踏みをしてもらったり」

1日20分程度のリハビリは、筋力を取り戻すだけでなく、治療中、誰にも会えなかった患者の心の癒やしにもなっている。

酒井朋子診療科長「体を動かして汗をかくと、すごく楽しい気持ちになれるし、リハビリの時間を楽しみにしてくれているという声を聞いた」

血中酸素量の測定には、リハビリ中の患者が手を自由に動かせるよう、頭に装着するタイプの機器が試験的に運用されていて、機器を小型化し、自宅やホテルの療養患者に使えば、容体の急変を察知できると期待されている。

東京医科歯科大学付属病院循環器内科・笹野哲郎教授「症状が出て本当に苦しくなる前に、こちらで先に検出する。そうすると、自宅待機中に亡くなっていたのが発見されるという不幸が救えるのではないかと思う」

(東京医科歯科大学付属病院と京セラの共同研究システム)

(FNNプライムオンライン5月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス