宣言継続の大阪府 休業要請の一部解除に賛否

社会 暮らし

大阪府などが休業要請を一部解除したことを受けて、関西にある百貨店でも、18日から営業を再開している。

食料品売り場を除いて休業していた「高島屋 大阪店」では、フェイスシールドを着けた従業員が、客に手を消毒するよう協力を呼びかけていた。

高島屋では、飛まつ防止シートなど、感染防止対策を徹底する一方、宝飾品や化粧品などは引き続き休業し、営業時間も短縮する。

高島屋 大阪店の担当者「客と従業員の安全・安心が非常に大事と認識しているので、しっかりとした安全対策をとる」

各地で始まった休業要請の一部解除。

大阪では、「日々のデータをもとに、方針を決めて、(休業要請を)解除するのは賛成」や「自粛したから(感染者が)おさまっただけで、薬ができたとかではないので、心配は心配」など、賛否の声があった。

(FNNプライムオンライン5月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

大阪 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 関西 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 外出自粛