検察庁法案成立を断念 「世論の力」“強行”が一転...

政治・外交

18日夕方に行われた自民党の役員会で、冒頭、安倍首相はいつものマスクをしたまま、終始ぶぜんとした表情。

実はこれに先立ち、安倍首相は自民党の二階幹事長と会談。
今国会で、検察庁の定年を延長する検察庁法改正案の採決を見送ることで一致したのだ。

会談終了後、二階氏はどこか納得していない様子だった。

記者「総理から何かコメントは?」

自民党二階幹事長「特にありません」

記者「(今国会で)見送ることは一致していないですか」

二階幹事長「していません」

18日になって急に見送りとなった理由について、ある自民党関係者は、「世論の力だ。見送りにしてくれて助かった」と語り、著名人らからの批判が相次いだことで影響が広がったことが決め手となったという。

しかし、見送りが決まってからも批判は収まらず...。

元格闘家の高田延彦さんは、「#検察庁法改正案に抗議します」を使い批判していたが、見送りを受け、さらに「仕方がなくいったんは引っ込めたが考え方の根っこは一緒だよ」、「今の内閣には国民の思いや苦しみをくみ上げる使命感なんてないわな!」とツイート。

ラサール石井さんは「国家公務員法ごと見送るなよ。公務員の定年延長そのものは反対してないんだよ。」とツイートし、検察庁法改正案とともに審議中だった国家公務員法も見送ることを批判した。

さらに身内からも。

自民党・石破茂元幹事長「ツイートが激増したということが、状況が変わった大きな背景だと思います。法案を出す段階で、これどういうふうな世論の反応があるだろうか、ということを予測するのは、やっぱり政府与党、両方の責任だと思いますね」

今回この法案については、新型コロナ対応の中、不要不急ではないかとの指摘も相次いだ。
しかし先週、安倍首相は野党側の質問に、成立の必要性を訴えていた。

安倍首相(参院本会議 5月15日)「国会へ提案した法案をできる限り成立させるとともに、選挙で国民に約束した政策を実践していくことは、政権の重要な責務であると認識しております」

しかし、法案が見送りとなった今、大荒れとなった法案審議などの時間が、不要不急の時間だったともいえそう。

(FNNプライムオンライン5月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

国会 政府・内閣 法案 法務行政 インターネット FNNニュース SNS 世論