骨太の方針と概算要求 延期へ 新型コロナへの対応優先

政治・外交 経済・ビジネス

新型コロナウイルスへの対応のため、政府が骨太の方針の決定と概算要求の締め切りを延期する方向であることがわかった。

政府は毎年6月ごろ、予算編成の土台となる経済財政運営と改革の基本方針、いわゆる「骨太の方針」を閣議決定しているが、関係者によると、新型コロナウイルスへの対応を優先させるため、7月に延期する方向であることがわかった。

また、財務省が各省庁から予算編成に向けて受け付ける概算要求の締め切りも、例年の8月から9月に延期する方向。

19日、これらの延期を閣議で確認して、発表する見通し。

(FNNプライムオンライン5月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

政府・内閣 財政 マクロ経済政策 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス