困窮学生に最大20万円給付へ 留学生、院生などにも

政治・外交 暮らし

政府は、19日の閣議で、新型コロナウイルスの影響で経済的に困窮する学生に対し、最大で現金20万円を給付する支援を決定した。

萩生田文科相「今般の新型コロナウイルス感染症の影響で、大学生等が進学や修学を諦めることがないよう、しっかりと支えていくことが何よりも重要」

支援の対象となる学生は、留学生を含む国公私立の大学生や大学院生などおよそ43万人で、住民税非課税世帯の学生に20万円、それ以外の学生に10万円がそれぞれ支給される。

新型コロナウイルスの影響で世帯収入やアルバイト収入が激減して、中退を検討する学生もいる中、政府は、早急な給付のため、予備費を活用し、支援総額は530億円にのぼる。

これを受け、一律での学費半減などを求める学生団体が緊急会見を行い、「学生支援が大幅に前進したが対象が狭すぎる」として、引き続き、支援を求める考えを示した。

(FNNプライムオンライン5月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

文教政策 大学生 外国人留学生 COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策 新型コロナ 暮らし 影響・対策 専門学校生 大学院生