川内原発2号機 停止へ 対テロ施設 未完成

経済・ビジネス 社会

鹿児島県の川内原発2号機は、テロ対策施設の完成が21日の設置期限に間に合わないことから、20日に運転を停止する。

テロ対策施設は、原子力発電所の新たな規制基準に基づいて、設置が義務づけられているが、川内原発では、完成が設置期限に間に合わないとして、全国で初めて、3月に1号機の運転を停止している。

2号機も21日の設置期限を前に、20日午後1時ごろに原子炉を停止し、定期検査に入る予定。

九州電力では、1号機は2021年1月、2号機は2021年2月の通常運転復帰を目指しています。

(FNNプライムオンライン5月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

原子力 九州 鹿児島 FNNニュース 原発 九州電力