「夏の甲子園」中止の方向で協議 「かける言葉がない」

スポーツ

夏の全国高校野球選手権大会について、20日、日本高校野球連盟などは、大会の開催可否について中止の方向で協議するという。

街の人は、「人数減らしてでもやってほしいわ、観客の」、「新型コロナウイルスが解明されていないというか、わかってないところがあるので、今の時点で開催っていうのは、仕方がないところもあるのかな」

日本高校野球連盟などは、午後から夏の選手権大会の開催可否について協議を行うが、関係者によると、新型コロナウイルスの影響で、センバツ大会に続き中止の方向で協議されるという。

夏の選手権大会が中止となった場合は、戦後初めてとなる。

3年前、夏の選手権大会でベスト4に入り、2020年のセンバツ大会でも出場を決めていた天理高校の中村良二監督は、「甲子園を目指してやってきたのだから、出場させてあげたいという思い。万が一違う答えが出た場合、(部員に)かける言葉がなかなか...」と、今の心境を語った。

日本高校野球連盟などは20日午後6時から会見を行う予定。

(FNNプライムオンライン5月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース