三菱UFJ銀行 店舗数を4割減へ

経済・ビジネス

店舗数を4割減らし、300程度にする。

三菱UFJフィナンシャル・グループは、三菱UFJ銀行の店舗数を、2023年度末に300程度にする方針を明らかにした。

2017年度末に515あった店舗数は、4割減となる。

当初の計画では2割減としていたが、長引く低金利による収益環境の悪化などを受けて削減幅を拡大した。

(FNNプライムオンライン5月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 銀行・金融機関