全業種で一斉解除 神奈川の様子は 夜の街に変化

社会

神奈川県は、27日から全業種で休業要請が一斉に解除された。

解除初日の夜、居酒屋では客同士が乾杯する姿が見られた。

訪れた客は、「3カ月以上ぶり。すごくおいしい」、「当たり前だと思っていたことに、すごく幸せを感じます」などと話した。

従業員「うれしい。これがいつまで続くか。早く元に戻ってほしい」

営業時間が午後8時から午後10時までに緩和された神奈川・横浜市の居酒屋は、午後7時すぎから常連客などが集まり、久しぶりの再会を楽しんでいた。

そして、市内のガールズバーにも客の姿が見られた。

従業員はマスクをつけた状態で接客し、窓は開放したままにしている。

従業員「仕事は久しぶりなので楽しいです。お金がなくて不安だった。なるべく除菌とかマスクとか、うつらないように気をつけている」

神奈川県の一日の感染者数は、26日は3人、27日は5人と、6日連続で1桁に抑えられている。

黒岩知事は、「宣言が解除されても、ウイルスがいなくなったわけではない。徹底した感染防止対策に取り組んで」と呼びかけている。

(FNNプライムオンライン5月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

(社会)保健衛生医療・社会保障行政 神奈川 FNNニュース 横浜市 COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 経済 影響・対策 新型コロナ 営業自粛・休業