尾身会長が見解 「冬の到来待たず再び拡大予想される」

政治・外交 暮らし 医療・健康

衆参の予算委員会に参考人として出席した、政府諮問委員会の尾身茂会長が、第2波への警戒を求めた。

政府諮問委員会・尾身茂会長「(緊急事態宣言が全国で解除されても)見えない感染が続いていると考えるべきだと思います。冬の到来を待たず、再び感染の拡大が起こることは十分予想されます」

政府諮問委員会の尾身会長は、緊急事態宣言以降、現在の感染状況について「終息の方向に向かいつつある」と述べた。

その一方で、新規感染者数ゼロが短期間続いたとしても、見えない感染が続いていると考えるべきだと述べ、ソーシャルディスタンスやマスク着用など、感染対策を徹底することをあらためて呼びかけた。

(FNNプライムオンライン5月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

国会 健康・医療 FNNニュース 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言