首相の任命責任追及へ 黒川検事長辞任

政治・外交

黒川検事長の問題をめぐって、森法相は21日午前、「事実であれば厳正に処分する」と表明したが、野党は辞任ではなく更迭を求めたうえ、森法相や安倍首相の任命責任を追及する構え。

森法相は、「おとといの夜、情報に接してすぐ調査に着手して、事実があれば大変ゆゆしきことなので、厳正に処分したい」と述べ、賭けマージャンが事実であれば、黒川氏を厳正に処分する方針を示した。

一方で野党は、黒川氏の定年延長をめぐり、安倍首相や森法相の任命責任を指摘している。

立憲民主党・安住国対委員長「脱法的措置でこの黒川氏の定年を閣議決定し、突き進んできたんですね。その結果が賭けマージャンかよと。わたしは本当に憤っています。安倍総理の任命責任、特に森法務大臣について、大きな政治責任がまた発生したと思います」

さらに野党側は、黒川氏について、退職金をもらえる辞任ではなく、懲戒免職に値すると指摘していて、議論を呼ぶとみられる。

(FNNプライムオンライン5月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

法務行政 FNNニュース