協会が謝罪、取り下げ 東京五輪“コロナエンブレム”

社会 東京2020

日本外国特派員協会が、会報誌の表紙に東京オリンピックのエンブレムと新型コロナウイルスのイメージを掛け合わせたデザインを掲載していた問題で、協会はこのデザインを取り下げたとした。

この問題は、日本外国特派員協会の会報誌に、東京オリンピックの市松模様のエンブレムにウイルスの形を織り交ぜ、新型コロナウイルスを意味する「COVID-19」と記されたデザインが掲載されていたもの。

大会組織委員会は、「多くの人々、特に大会を目指す世界中のアスリートへの配慮を欠く」と強く抗議し、取り消しを求めていた。

協会のカルドン・アズハリ会長は、「世界の多くの国が最悪な危機にひんしている状況で、著作権をめぐる法的な部分に踏み込むべきではない」として、デザインを取り下げる考えを示し、関係者に謝罪した。

(FNNプライムオンライン5月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 東京五輪・パラリンピック メディア COVID-19 新型コロナウイルス