宿泊・運送業などで“解雇”激増 1万人超に

経済・ビジネス 暮らし 仕事・労働

新型コロナウイルスの影響で、解雇や雇い止めが1万人を超えていることがわかった。

加藤厚生労働相が22日朝の会見で発表したもので、新型コロナウイルスによる影響で、勤務先の業績悪化などにより解雇や雇い止めされる人は、見込みの人も含めて1万835人にのぼっていることがわかった。

厚労省が全国の労働局の報告を集計したもので、3月に835人、4月に2,654人、5月は21日までに7,064人と、月を追うごとに増えている。

業種別では、ホテルや旅館などの宿泊業、観光バスやタクシーなどの道路旅客運送業、飲食業、製造業が多いという。

(FNNプライムオンライン5月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

労働・雇用 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 経済 影響・対策 新型コロナ 暮らし 影響・対策