黒川検事長 辞職承認 処分内容に批判

政治・外交

東京高検の黒川弘務検事長の賭けマージャン問題を受けて、黒川検事長の辞職が閣議で承認された。

森法相「法務大臣として、おわびを申し上げる」

黒川検事長の辞職は閣議で承認され、検察庁は検事総長名で、22日午前、「検察の基盤である国民の信頼を揺るがしかねない深刻な事態であり、国民の皆様におわびを申し上げます」とのコメントを発表した。

後任には、同期で刑事局長として検察改革を進めるなど法務行政に携わり、早くから「プリンス」と呼ばれ、検事総長候補と目されてきた名古屋高検の林真琴検事長が内定している。

また、森法相は、安倍首相に自身の進退伺を提出したものの、慰留されたことを明らかにした。

(FNNプライムオンライン5月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

法務行政 FNNニュース