休業要請 段階的に緩和 小池知事、ロードマップ公表

社会 経済・ビジネス 暮らし

東京都の小池知事は、新型コロナウイルス対策のロードマップを公表した。

東京都は、国の緊急事態宣言の解除後、ステップ1~3と段階的に休業要請などを緩和することにしていて、22日に公表されたロードマップでは、ステップ1で、博物館や図書館などのほか、観客部分を除く体育館など屋内の運動施設も緩和し、プロ野球やBリーグなどの無観客試合が実施できるようになる。

ステップ2では、生活必需品販売以外の店舗や学習塾、劇場、映画館などを緩和。

ステップ3では、ゲームセンターや遊園地などへの要請も緩和する考え。

しかし、クラスターが発生した接待をともなう飲食店、ライブハウス、カラオケ、スポーツジムは、ステップ3でも緩和されない。

また、居酒屋など営業時間の短縮をしている飲食店については、ステップ1とステップ2で、営業時間を午後10時まで、ステップ3で午前0時までとし、酒類のラストオーダーは、これまでは営業終了の1時間前としていたものを終了時間までとしている。

小池知事「例えば25日に(解除の)決定が出たら、26日の午前0時ということになると思う」

小池知事は、5月25日に宣言が解除された場合、翌26日0時から、ステップ1へ緩和し、その後、基本は2週間単位としながらも、柔軟に緩和を前倒す可能性も示した。

一方、新規陽性者数など7つの指標で感染状況を監視し、感染が拡大してきた場合は「東京アラート」を発動して、レインボーブリッジを赤くライトアップして、都民に警戒を呼びかけるとしている。

(FNNプライムオンライン5月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

東京 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 経済 影響・対策 新型コロナ 外出自粛 新型コロナ 暮らし 影響・対策