緊急事態宣言“解除”の基準「満たしてきている」 小池都知事強調

社会 暮らし 医療・健康

東京都の小池百合子知事は、フジテレビの「日曜報道 THE PRIME」に出演し、都内の感染状況などについて、緊急事態宣言を解除する基準を「満たしてきている」などと述べた。

「国の方で決められた3つの基準は、きのうの数字も含め満たしてきていると思う。首都圏はやはり、1都3県の人の流れ、一心同体のようなところがある」と述べた小池知事は、宣言解除への環境が整ってきたとの認識を示す一方で、「落ち着いてきたので、むしろこの時間を有効に使い、第2波に備えたい」などと、次の感染拡大への準備を進める考えを示した。

また、ウイルス検査の態勢については、「唾液で検査できるようになると、ずいぶん簡単になる」として、唾液によるPCR検査の導入に前向きな姿勢を見せたうえで、抗原検査や抗体検査を活用し、感染者の発生状況、感染の広がりをリアルタイムで把握していく方針も示した。

(FNNプライムオンライン5月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

(社会)保健衛生医療・社会保障行政 健康・医療 FNNニュース COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 経済 影響・対策 PCR検査