東京都 休業要請を緩和 飲食店 午後10時までに

社会 暮らし 経済・ビジネス

緊急事態宣言の解除を受けて、東京都は26日午前0時から休業要請の緩和を始めた。

東京都の休業要請の緩和は26日午前0時からで、第1段階の「ステップ1」として、博物館や図書館、観客部分を除く屋内の運動施設も緩和されることから、ボウリング場などのほかに、プロ野球やBリーグなどの無観客試合も実施できるようになった。

また、午後8時までとなっていた居酒屋など飲食店の営業時間の短縮要請は、午後10時までに延長された。

東京都・小池知事「解除されたということだが、これによってウイルスがゼロになったというわけでは決してない。またゼロリスクということもない。ただこれからですね、第2波をどうやって防いでいくのか」

一方で、生活必需品以外の商業施設などを対象に、幅広く休業要請を緩和する「ステップ2」への移行のタイミングについて、小池知事は29日に判断する考えを示した。

(FNNプライムオンライン5月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

東京 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 FNNニュース 飲食店 COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 経済 影響・対策 新型コロナ 営業自粛・休業