「3密」避けて分散登校 博物館は2カ月ぶり再開 宣言解除の千葉県

社会 暮らし 教育

緊急事態宣言が解除された千葉県では、小学校や博物館などが再開し、新たな日常がスタートした。

松戸市内の小学校では、新型コロナウイルスの影響で3月2日から休校になっていたが、6月1日からの学校再開を前に分散登校が始まった。

新1年生は「(どんな気持ちで来た?)ちょっと緊張してる」、「(どんな勉強したい?)足し算」と話した。

26日は「3密」を避けるため、児童の半分が登校し、初めて先生や同級生と教室で顔を合わせた新1年生は、緊張した様子で席に座っていた。

一方、千葉・芝山町にある「航空科学博物館」もおよそ2カ月ぶりに再開した。

訪れた子どもは、「(何が一番好き?)飛行機が一番好き。外の飛行機が一番見たい」と話した。

入館の際には、感染対策として体温確認や手指消毒が行われていた。

この博物館では、休業中にクラウドファンディングを募り、26日までに設定金額を上回るおよそ1,750万円が集まったという。

(FNNプライムオンライン5月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

(社会)保健衛生医療・社会保障行政 教育 千葉 FNNニュース 小学校 学校 COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 緊急事態宣言 新型コロナ 暮らし 影響・対策