水着素材で暑さも平気 夏到来に...ナツノマスク

経済・ビジネス 暮らし 医療・健康

アベノマスクが届く前に、新たなマスクが続々登場。

何かと賛否両論あったアベノマスク。

アベノマスクが配達されたのは、全国でまだ25%ほどにとどまっている。

すでに届いた人からは、「暑いですよね、これでも暑いので」、「(アベノマスクは)通気性も良くなかったし、こういうのに比べると」といった声が聞かれた。

そんな厳しい夏を前に、飛まつの拡散防止は、そのまま夏でも快適に過ごせる“ナツノマスク”待望論が。

その声に応えようと、スポーツメーカーが相次ぎ開発に乗り出した。

ミズノでは、水着の素材を使ったマスクを販売。

2万枚が即日完売となったマウスカバー。

28日、2回目の販売が行われたが、あまりの反響に抽選での受け付けに。

ヨネックスでは、生地にキシリトールを配合した独自素材のマスクを発売予定。

日差しの中でもマスクの中が蒸れず、ひんやりと冷気を感じる。

ひもで調整できる機能付き。

さらに、あの街もナツノマスク製造に乗り出した。

「半沢直樹」シリーズなどで知られる池井戸潤さんの小説「陸王」。

老舗足袋メーカーがランニングシューズの開発に奮闘する物語は、埼玉・行田市が舞台。

写真スタジオを営むかたわら、今も足袋を作り続けている持田縫製では、およそ1カ月をかけ、製作。

生地の一部には、足袋と同じものを使った。

持田縫製・持田朋春代表「一番難しいのは、(つま先)ここがきれいに柔らかく、立体的にできているか、これから比べれば難しくない、そこに技が生かされている。(手作りの強みは?)していただくとわかる」

早速、着けさせてもらうと、立体的になっているので呼吸もしやすく、女性だとリップがマスクにつきにくく、とても良い。

さらに、行田の縫製技術を生かし、スポーツウェアなどを製造する株式会社オザワでは、汗を吸いやすく、乾きやすい“ナツノマスク”を開発中。

株式会社オザワ・小澤謙博社長「一番薄くて、通気性が良くて、風通しの良いものでと考えた」

今回、特別に開発中のマスクを試着してランニングしてみると...。

メッシュ素材で、より熱気がこもりにくくなっていた。

大手企業から足袋の街まで、今、日本のものづくりが意地と誇りをかけ、“ナツノマスク”作りに挑んでいる。

(FNNプライムオンライン5月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース マスク COVID-19 新型コロナウイルス