ガス臭? ゴム? 通報相次ぐ 神奈川・三浦半島

社会

4日、神奈川・三浦半島で、広い範囲で化学薬品のような臭いがするなどと、異臭を訴える通報が相次いだ。

通報は時間とともに半島を北上していて、謎の多い異臭騒ぎとなっている。

4日夜、横須賀市の東部を中心に、広い範囲で「化学薬品のような臭いがする」、「ゴムが燃えたような臭いがする」などと、異臭を訴える通報が警察や消防に250件以上あった。

通報は、午後8時すぎに三浦半島南部から始まり、時間とともに中部や北部からの通報が増えたことから、異臭はおよそ3時間かけて20kmほど北上したとみられる。

横須賀市消防局指令課「今回みたいに大きな通報は珍しい。初めてこんな通報件数がある異臭騒ぎになったと思う」

この異臭で、気分が悪くなった横須賀市岩戸に住む女性(46)が、病院に搬送された。

当時付近では、大きな事故やガス漏れなどは起きておらず、警察と消防は、異臭が発生した原因を調べているがまだわかっていない。

(FNNプライムオンライン6月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

神奈川 FNNニュース