【速報】「2階からパーンと音が」15歳少年“拳銃”自殺か 東京・八王子市

社会


東京・八王子市の住宅で、15歳の高校生の少年が、頭から血を流して倒れているのが見つかり、少年は死亡した。

部屋からは拳銃のようなものが見つかり、警視庁は、少年が自殺した可能性もあるとみて、死亡した状況を調べている。

8日午前8時すぎ、八王子市元八王子町の住宅から、「自殺を図っている」と119番通報があった。

警察官が駆けつけたところ、住宅の2階で、この家に住む15歳の高校1年生の少年が、頭から血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認された。

少年の部屋からは、拳銃のようなものが見つかっていて、通報した母親は、「午前8時ごろに、2階からパーンと音がした」と話しているという。

警視庁は、少年が自殺した可能性もあるとみて、死亡した状況を調べるとともに、拳銃のようなものの鑑定や入手経路を調べている。

(FNNプライムオンライン6月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース